ルミロックストアblog キモノは友達 東京吉原にあるルミロックのアトリエから発信します スタッフの右往左往

「ルミレタル+」に持っていく商品(その2)

ルミロックストア店長の金子です。
「ルミレタル+」に持っていく商品その2です。

春に向けて暖かくなったら着たい木綿の着物を紹介します。
ハリのあるざっくりとした風合いの綿紬に型染めをしています。

まずはライオン更紗。
14606442_532985953573918_8623981328018971219_n.jpg

79974555_o1.jpg
柄の中にライオンが隠れているのがわかりますでしょうか。
都内の染工場で型染めしてもらっています。
体の脇と肩にのみ柄が入ります。


112052715_o1.jpg

112052715_o2.jpg
こちらは生地違いです。


次はコウモリ更紗です。
87040488_o1.jpg

87040488_o2.jpg
更紗とコウモリが一体化しています。
こちらも体の脇とどちらかの袖のみに柄が入ります。


もう一点はストーミー。
93358163_o4.jpg

93358163_o2.jpg
雨、雪、雷、雹、霰などすべて雨に関係するものが柄になっています。
ゆかたや手ぬぐいではおなじみの注染染めで染められています。
こちらは総柄(反物のすべてに柄が入っています)です。


中に着るものを調整したり、コートを羽織れば寒い時期から夏まで、ほぼ一年中着られます。
また家で洗えるので、多少の汚れも気にせず着られます。

ご紹介したのは反物から仕立てますので、男性もぜひご検討ください。
(裄75センチくらいまで)

プレタSMLサイズ、体型に合わせたオーダーサイズも受けたまわります。
ルミロックストア(オンラインショップ)